[火薬学会] [学会活動]

ガスデトネーション専門部会

部会長 林 光一

4th Internal Workshop on Detonation/Detonation Engine のご案内(2012/9/6〜7)(PDF形式)

ガス爆発時の人と構造物の安全性に関するワークショップ のご案内(2012/3/13)(PDF形式)

水素の燃焼と爆発ワークショップ 資料ダウンロード(要パスワード)(2007/7/18)

水素の燃焼と爆発ワークショップ のご案内(2007/6/30)

部会活動概要と入会のご案内(2007/5/17)

 本部会は,火薬学会ではあまり中心課題ではなかった気体のデトネーションの種々の問題に取り組むことを目的としております。爆発やデトネーションには固体だけでなく気体を媒体としたものがあるのは皆さんご存知ですが,気体の爆発やデトネーションの問題が最近富に重要になってきました。固体の爆薬による爆発でも状況によっては,気体のデトネーションが関係する現象がありますが,そのような場合や反応性気体の爆発なども研究範囲に含めたいと考えております。

 今まで気体だからといって本火薬学会に持ち寄られてこなかった爆発やデトネーションの問題を,本部会では率先して解析し,会員の皆様のお役に立てるようにしたいと考えております。例えば身近な問題として,最近の燃料電池の安全における高圧タンクからの水素ガスもれによる着火・爆発などは,デトネーションの場合も含めて本部会で取り上げられる問題です。

 本部会の運営並びに活動は,これまでの研究会や見学会といった方法でない方向で行ないたいと考えております。運営は出来るだけ電子メールとホームページを通して行ないます。ホームページの立ち上げはもう少し時間を頂ければありがたいです。ホームページは,本部会の会員の方だけでなく,火薬学会の全会員の方々に種々のデータベースをオープンにする予定です。また,年2回行なわれる講演会にはガスデトネーションのセッションを設けて(まだ,予定です),積極的に発表に参加したいと考えております。新しい試みとして,本部会のグループで外部資金を獲得し,そのプロジェクトをいくつかの中心的なプロジェクトにする予定です。この外部資金の獲得には少し時間がかかる可能性がありますが,会員の皆様の援助と協力をお願いしたい次第です。現在すでに申請をしているプロジェクトはあります。また,国際会議や国際的に著名な方々による講演会などの集まりを積極的に誘致したいと考えております。これは,本学会の国際化を進めることに役立てると考えております。

 このような方向の新しい試みによる本専門部会に積極的に参加して頂くと同時に,ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。なお,本部会に参加希望の方々は,ホームページができ次第申し込みをして頂ければ幸いです。詳細は,ホームページで説明いたす予定です。

© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.

[火薬学会] [学会活動]