[火薬学会][国際化対応][学会活動]

OECD-IGUS EOS/EPP作業部会(1999年)の概要

1999年開催されたOECD-IGUSのEOSとEPP作業部会および2つのEOS特別作業部会の概要等について報告する。

  1. OECD-IGUSのEOSおよびEPP作業部会の1999年/2000年会期の検討課題
    標記に関し,各国メンバーからの意見が求められた。そこで,国際化対応委員会の各委員に意見を求め,それらをまとめて日本の意見を各作業部会の議長宛に送付した。
  2. OECD-IGUS-EOSの2つの特別作業部会(固体有機過酸化物小規模燃焼試験特別作業部会と改良密閉型圧力容器試験特別作業部会)
    標記の特別作業部会が下記により開催された。これらの特別作業部会には出席できなかったが,次に項目について議論が行われた。なお,詳細についてはOECD-IGUS会議出席報告で紹介する。
    期日:1999年3月3日 固体有機過酸化物小規模燃焼試験
      :1999年3月4日 改良密閉型圧力容器試験
    場所:HSL,バックストン,UK
    議題:
    固体有機過酸化物小規模燃焼試験
    BAMでの5kg包装品の試験結果の報告と今後の検討課題について
    改良密閉型圧力容器試験
    標準試験条件およびクライテリアの検討とラウンドロビンテストについて
  3. 1999年度OECD-IGUSはEOS会議とEPP会議および本会議が下記により開催され,物質研藤原部長と田村が出席した。会議の詳細についてはEXPLOSIONの会議出席報告で紹介する。
    期日:1999年5月17-18日:EOS会議
       1999年5月19日午前:本会議
       1999年5月19日午後:EOS・EPP合同会議
       1999年5月20-21日:EPP会議
    場所:ストックホルム,スウェーデン
    主要議題:
    • EOS作業部会
      • 試験法
      • グローバルハーモニゼーション
      • 酸化剤
      • 有機過酸化物
      • 反応性物質と自己反応性物質
      • 事故例
      • プロセスハザード
      • その他
    • 本会議
      • OECD-IGUS議長,事務局および各作業部会主査,副主査の選挙
      • 各作業部会活動報告
      • 事務局報告
      • チェアーマン報告
      • 今後の活動計画
      • その他
    • EOS/EPP合同会議
      • 硝酸アンモニウムエマルション爆薬前駆体のクラス分類
    • EPP会議
      • 試験法
      • エアーバッグ関連
      • 環境・健康関連
      • 事故例
      • その他
  4. OECD-IGUS会議レポートの情報提供についてOECD-IGUSの会議内容の詳細を会員にご理解いただき,OECD-IGUS等における日本の活動について会員からの種々のご意見をいただくため,会議資料のホームページ化について検討している。

© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.

[火薬学会][国際化対応][学会活動]