火薬学会HOME

2015年度火薬学会賞

奨励賞  杉江 祐司 君

「ADN 合成反応における熱危険性に関する研究」

 杉江祐司君は,次世代固体ロケット燃料の原料として期待されるアンモニウムジニトラミド(ADN)の合成反応における熱危険性に関する研究を進め,特に最新の熱分析技術を駆使して ADN 合成における最も重要なスルファミン酸塩のニトロ化について,種々の条件下における熱挙動を観察,考察し,その成果をISEM2014や火薬学会研究発表会において発表するとともに,以下の論文を Science and Technology of Energetic Materials 誌に発表している。ニトロ化の制御失敗時にどのような挙動を示すかを明らかにしており,今後のエネルギー物質合成の研究開発に資する貴重な情報を提供した。また,熱分析の国際会議 41st Annual Conference of North American Thermal Analysis Society への参加記を EXPLOSION 誌に発表し,当該分野の国際的研究動向について報告した。

 以上,一連の研究および活動は,エネルギー物質合成反応中の熱分解現象の解明,安全な合成方法の探索に貢献する基盤技術ならびに基礎情報として高く評価され,当学会に大きく貢献するものであり,火薬学会奨励賞に値するものである。

推薦論文

略歴

2003年3月横浜国立大学教育人間科学部地球環境課程卒業
2005年3月横浜国立大学大学院環境情報学府環境生命学専攻博士課程前期修了
2005年4月日本カーリット株式会社 入社
2012年4月 横浜国立大学大学院環境情報学府環境リスクマネジメント専攻
博士課程後期入学(社会人特別選抜)
2015年3月 横浜国立大学大学院環境情報学府環境リスクマネジメント専攻
博士課程後期修了,博士(工学)
2016年10月 独立行政法人製品評価技術基盤機構 出向
© Copyright 1999-2015 Japan Explosives Society. All right reserved.