火薬学会HOME

2008年度火薬学会賞について

  1. 2008年度火薬学会賞受賞候補者の募集をいたします。賞は学術賞、論文賞、技術賞と奨励賞に分かれて いますので、下記推薦規定を参照の上、候補者を2009年3月6日までに学会宛ご推薦下さい。(自薦も可)  
  2.  
     
  3. 学会賞推薦基準
    1. 学術賞候補者推薦  
       候補者の対象は本会会員の内、火薬類等の製造、性能、安全、利用その他に関する領域で、火薬関係科学及び技術 について、顕著な業績を有し、且つ若手研究者の教育 • 指導に著しく貢献した会員とする。
    2. 論文賞候補者推薦  
       候補者の対象は本会会員で、12月末までに「STEM誌」に火薬類等の製造、性能、安全、利用 • 応用、その他に関する領域で、火薬関係科学および技術につき優れた論文を発表した者とする。(自薦も含む)。
       共著論文については、共著者の中から代表者を選ぶことができる。その場合は、その代表者がその論文について主要な役割を果たしている場合に限る。
    3. 技術賞候補者推薦  
       候補者の対象は本会会員で、12月末までに「STEM誌」および「EXPLOSION」誌に発表された論文等について、火薬類等の製造、性能、安全、利用 • 応用、その他に関する領域で、その改良、発明、開発によって著しく技術の向上に貢献した者とする。
       共同業績の場合は代表者を選ぶことができる。その場合は、その代表者がその業績について主要な役割を果たしている場合に限る。
    4. 奨励賞候補者推薦  
       候補者の対象は本会会員で、12月末までに「STEM誌」および「EXPLOSION」誌に発表された論文等について、火薬類等の製造、性能、安全、利用 • 応用、その他に関する領域で、その改良、発明、開発によって著しく技術の向上に貢献した若手研究者および技術者とする。
       共同業績の場合は筆頭著者を選定対象とする。

  4. 候補者推薦書記載項目

  5.  論文賞、技術賞及び奨励賞については下記評価基準に従った評価をお願いします。
    1. 奨励賞候補者推薦  
        候補者:氏名及び所属
        推薦理由: (1)業績(研究論文、特許、著者など)リスト
               (2)若手研究者育成の実績
            (1)及び(2)を中心に推薦理由を記す
        推薦者:氏名及び所属(複数の場合は全員の名を記す)
    2. 論文賞候補者推薦書  
        推薦論文
        著者名(連名の場合は全員を記す)
        論文名及び掲載号  Vol. (No. ), (  )
       私は上記の論文に次の評価を与えます(各欄に○を付けてください)
         1:良い 2:かなり良い 3:非常に良い
         @論文としてのまとまり  [ 3  2  1 ]
         A独創性
           1)着想           [ 3  2  1 ]
           2)研究方法       [ 3  2  1 ]
           3)研究成果       [ 3  2  1 ]
         B応用上の価値      [ 3  2  1 ]
         C総合評価          [ 3  2  1 ]   
    3. 技術賞候補者推薦書  
        推薦業績
        著者名(連名の場合は全員を記す)
        論文等の名称及び掲載号  Vol. (No. ), (  )
       私は上記の業績に次の評価を与えます(各個に○を付けてください)
         1:良い 2:かなり良い 3:非常に良い
         @技術の完成度         [ 3  2  1 ]
         A新規性              [ 3  2  1 ]
         B技術進展への貢献度
          (性能、経済性、安全性等) [ 3  2  1 ]
         C総合評価            [ 3  2  1 ]   
    4. 奨励賞候補者推薦書  
        推薦業績
        著者名(連名の場合は全員を記す)
        論文等の名称及び掲載号  Vol. (No. ), (  )
       私は上記の業績に次の評価を与えます(各個に○を付けてください)
         1:良い 2:かなり良い 3:非常に良い
         @独創性 • 新規性        [ 3  2  1 ]
         A応用上の価値         [ 3  2  1 ]
         B技術進展への貢献度
          (性能、経済性、安全性等) [ 3  2  1 ]
         C総合評価            [ 3  2  1 ]  

  6. 推薦書送付先
© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.