火薬学会HOME

2007年度火薬学会賞

技術賞  羽生宏人 君
「マグナリウム(Mg/Al)-AP系固体推進薬の燃焼速度に関する研究」

 固体推進薬の性能向上の一つは金属を混合することで達成してきた。 燃焼熱の大きな金属の一つであるアルミニウムが用いられてきた。 アルミニウムは燃焼室内で完全燃焼せず一部未反応のまま放出されることが知られている。 また,AP系コンポジット推進薬の酸化剤の生成物にはHClが含まれている。 これは酸性雨の原因にもなり代替酸化剤が検討されていた。

 羽生宏人君はMg/Alを用いることで酸性雨及びアルミニウムの燃焼効率の向上を図ることに着目した。 Mg/Alが燃焼速度に与える影響を燃焼表面おける熱バランスの関係から求めた。 Mg/Alを混合するとAlと異なり燃焼表面近傍気相からの熱移動量を増加して燃焼速度が増加している。 このことはAlに比較して燃焼表面近傍気相における反応速度が大きいことを意味しており今後のロケットの燃焼,流れ解析にも有用である。 燃焼速度の変化はロケットモータを設計するにおいて最も重要な要素である。 これにMg/Alがどのような影響を示すか求めたことは,今後のロケットモータの設計に貢献できるものであり,技術賞に値する。

対象論文

マグナリウム(Mg/Al)-AP系固体推進薬の燃焼速度特性に関する研究
   - Sci. Tech. of Energetic Materials, 67, 2006, pp187-192

略歴

1995年3月 東京理科大学理学部T部応用化学科卒業
1998年3月 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻修士課程修了
2002年3月 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻博士課程修了
2002年4月 文部省宇宙科学研究所 宇宙推進研究系推進燃料工学部門 入所
2003年10月 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
宇宙輸送工学研究系 助手
2004年4月 東京大学大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 併任助手
2006年4月 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
宇宙科学プログラムSE室 配属(兼務)
2007年4月 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙基幹システム本部
固体ロケット研究チーム配属 主任開発員
同年 宇宙科学研究本部 宇宙輸送工学研究系 助教兼務
現在に至る
© Copyright 1999-2011 Japan Explosives Society. All right reserved.