火薬学会HOME

平成26年度衝撃波シンポジウム

【会 期】 平成27年3月9日(月)〜平成27年3月11日(水)
【場 所】 群馬県伊香保温泉 ホテル天坊
〒377-0195 群馬県渋川市伊香保町396-20
【主 催】 日本衝撃波研究会
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本所
東北大学流体科学研究所
【後 援】 日本学術会議(申請中)
国際衝撃波学会
群馬大学(申請中)
渋川市(申請中)
群馬大学科学技術振興会(申請中)
【協 賛】 日本機械学会
日本航空宇宙学会
応用物理学会
日本流体力学会
日本生体医工学会
火薬学会
日本高圧力学会
可視化情報学会
レーザー学会
日本化学会
日本材料学会
日本分光学会
プラズマ・核融合学会
日本マリンエンジニアリング学会
 ※協賛については、いずれも現在申請中であるが、昨年度までの例年の実績がある。
 
【会議の性格と目的】 衝撃波現象および衝撃波が関連する諸現象について、基礎と応用の両面から広く学際的に研究発表し、口頭およびポスター発表と討論により当該分野の進展を図る。
【会議内容】 例年通り特別講演3件、一般講演200件、ポスター発表30件、出席人数250名を予定している。
 
【役員および準備委員会】 日本衝撃波研究会
会長:佐宗章弘(名古屋大学)
平成26年度衝撃波シンポジウム実行委員会
委員長:舩津賢人(群馬大学)
委員:北川一敬(愛知工業大学)
半田太郎(九州大学)
澁澤健二(茨城工業高等専門学校)
坂村芳孝(富山県立大学)
大谷清伸(東北大学)
茂木俊夫(東京大学)
川島久宜(群馬大学)
山田和彦(宇宙航空研究開発機構)
蜻蜴(宇宙航空研究開発機構)
藤田和央(宇宙航空研究開発機構)
(順不同)
 
【連絡責任者
及び
事務局】
責任者:
舩津賢人(群馬大学大学院理工学府・准教授)
〒376-8515 群馬県桐生市天神町1−5−1
群馬大学大学院理工学府知能機械創製部門
TEL/FAX:0277-30-1509
E-mail:mfunatsu(at)gunma-u.ac.jp
事務局:
TEL/FAX:0277-30-1509(担当 舩津)
E-mail:jssw2014(at)ml.gunma-u.ac.jp
http://jssw2014.st.gunma-u.ac.jp
 
【広報の媒体
及び
対象地域】
メール配信による「衝撃波」ニュースレター(日本衝撃波研究会発行):対象地域は日本全国、上記の主催・講演・共催の各協賛学会誌:対象地域は日本全国
【事故防止対策、
公衆衛生対策】
群馬県伊香保温泉ホテル天坊および平成26年度衝撃波シンポジウム事務局の対策にしたがって行う。
© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.