火薬学会HOME

Elaine S. Oran教授講演会

燃焼や爆発の数値計算で著名なOran教授の講演会を下記のように開催します。今回はマッチの燃焼から超新星まで、幅広い分野での化学反応を含んだ流体計算のお話をしていただけます。

なお、会場の東京大学工学系研究科11号館には、工学系研究科の憩いの場「T-Lounge」があり、その横にはコーヒーショップ「STARBUCKS」があります。講演会は16時からですが、Oran先生を15時ごろにT-Loungeにお連れし、皆様との懇談の場を設けたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

[日時] 2007年1月24日(水) 16時−17時30分
(15時−16時: T-Loungeにて先生との懇談)
[場所] 東京大学工学系研究科 11号館1階 講堂
本郷キャンパスへは http://www.t.u-tokyo.ac.jp/public/hongo.html
11号館へは     http://www.t.u-tokyo.ac.jp/public/map/e21-j.html
[講演者] Professor Elaine S. Oran 
(US Naval Research Laboratory, Washington, DC)
[タイトルと概要]

“Matchsticks, Power Stations, and Supernovae: Numerical Simulation Faces Reality”

The evolution of the science and art of numerical simulation of complex, complicated fluid flows has made enormous strides in the past 40 years. We have progressed from relatively simplified one-dimensional steady-state results to fully three-dimensional, time-dependent simulations including very complex physics. These advances have been driven by new computational hardware, new algorithms for solving the equations, and the real need for this technology. The broad range of applications that are possible are emphasized and some of what we can now do, what we have learned, and where we might go with this exciting technology in the future is described.

世話人
東京大学大学院工学系研究科 教授 松本 洋一郎
(工学系研究科長)
東京大学大学院工学系研究科 教授 越 光男
(火薬学会 副会長)
青山学院大学理工学部 教授 林 光一
(火薬学会 ガスデトネーション専門部会 部会長)

© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.