火薬学会HOME

平成28年度火薬学会秋季研究発表会

主催 一般社団法人 火薬学会
日時 平成28年11月10日(木)・11日(金)
会場 公立学校共済組合ホテルセントヒル長崎
〒850-0052 長崎市筑後町4 番10 号
TEL:095-822-2251
講演時間 講演時間:12分, 質疑討論:3分(合計15分)
研究発表会 (第1日)11月10日(木) 9:30〜18:15
(第2日)11月11日(金) 10:00〜10:45
懇親会 11月10日(木)18:20〜20:20
ホテルセントヒル長崎「妙見」
登録費 参加費 1名につき
一般:10,000 円
(登録費 7,000 円, 懇親会費 3,000 円)参加時に納入ください。
学生:3,000 円
(登録費 2,000 円, 懇親会費 1,000 円)参加時に納入ください。
講演要旨集代 講演要旨のみの希望者には,一部2,000 円で(送料共)でお頒けします。
残部僅少につき予めの申込み順で配布しますので,現金を同封して申込みください。
会場案内 公立学校共済組合ホテルセントヒル長崎
〒 850-0052 長崎市筑後町4番10号(TEL:095-822-2251)
●長崎空港からリムジンバス長崎駅行きで約60分
●JR長崎駅前から徒歩で約8分
●最寄の電停:桜町電停より徒歩で約5分
連絡先 火薬学会西部支部
〒813-8503 福岡県福岡市東区松香台2-3-1
九州産業大学総合機器センター
TEL:092-673-5662 FAX:092-673-5092
e-mail:youichi@ip.kyusan-u.ac.jp

プログラム

(第1日)11月10日(木) 9:30〜18:15

A会場 挨拶 火薬学会西部支部長 中村 英嗣

Session1. エネルギー物質・爆薬(T)(A 会場 9:30〜10:30) 座長 杉原 秀明

No.題目発表者(○印は講演者)
1アンモニウムジニトラミド系高エネルギーイオン液体推進剤の調製と熱挙動の解析○松永浩貴(福大工)・加藤勝美(福大工) 羽生宏人(JAXA)・野田賢(福大工)・三宅淳巳(横国大)
2アンモニウムジニトラミド系イオン液体推進剤のレーザー着火性におよぼす色素混合の影響○早田葵(横国大)・塩田謙人(横国大)・伊里友一朗(横国大)・松永浩貴(福大工)・羽生宏人(JAXA)・三宅淳巳(横国大)
3速度論解析によるアンモニウムジニトラミド系イオン液体 / 色素混合系の熱安定性解析○早田葵(横国大)・塩田謙人(横国大)・伊里友一朗(横国大)・松永浩貴(福大工)・羽生宏人(JAXA)・三宅淳巳(横国大)
4アンモニウムジニトラミド系イオン液体構造の熱力学的解析○塩田謙人(横国大)・伊里友一朗(横国大)・松永浩貴(福大工)・羽生宏人(JAXA)・三宅淳巳(横国大)

Session2. 燃焼・分解・反応(T)(B 会場 9:30〜10:30) 座長 西井 茂樹

5イオン液体系推進薬のパルスレーザー添加に関する検討○伊東山登(東大院工)・羽生宏人(JAXA)
6旋回流中における水素 - 空気予混合火炎の伝播特性○日置遼(岐阜大院)・鮭川拓弥(岐阜大院)・朝原誠(岐阜大工)・安里勝雄(岐阜大工)・宮坂武志(岐阜大工)
7ハロゲン含有物質を添加した接着剤の解体性○鳥越瑛裕(福大工)・松永浩貴(福大工)・東英子(福大工)・西田聖二(旭化成)・馬崎運(旭化成)・加藤勝美(福大工)

Session3. プロペラント(T)(A 会場 10:40〜11:40) 座長 馬崎 運

8N2O で制御する固体推進機○田川武尊(九工大)・入川良(九工大)・各務聡(宮崎大)・橘武史(九工大)
9不活性ガスの噴射による固体推進薬の燃焼中断時の温度変化○明珎陽介(防衛大)・青柳順也(防衛大)・谷藤郁(防衛大)・田中雅文(防衛大)
10硝酸アンモニウム/ 過塩素酸アンモニウムスプレードライ粒子を原料とした推進薬の燃焼性○古荘貴章(福大工)・松永浩貴(福大工)・東英子(福大工)・渡部裕平(カーリットホールディングス)・久保田一浩(カーリットホールディングス)・加藤勝美(福大工)
11蠕動運動型混合器を用いて捏和したAP 系コンポジット推進薬の燃焼特性○岩崎祥大(総研大院)・吉浜舜(中央大)・芦垣恭太(中央大)・松本幸太郎(JAXA)・山田泰之(中央大)・中村太郎(中央大)・羽生宏人(JAXA)

Session4. ガス爆発(B 会場 10:30〜11:15) 座長 橘 武史

12伝播限界近傍におけるメタン/酸素予混合気のデトネーション伝播速度○吉田啓祐(九工大)・井上卓(九工大)・森井雄飛(JAXA)・村上清人(九工大)・坪井伸幸(九工大)・林光一(青学院大)
13デフラグレーションからデトネーションへの遷移における管径が遷移距離に与える影響○松原宏将(岐阜大院)・越野和馬(岐阜大院)・安里勝雄(岐阜大工)・宮坂武志(岐阜大工)・唐新猛(岐阜大工)・朝原誠(岐阜大工)
14高圧水素の漏えい及びその着火挙動に関する数値解析 ○平由佳(慶応大院)・佐分利禎(産総研)・久保田士郎(産総研)・松尾亜紀子(慶応大)

昼休み 11:40〜13:00

Session5. 煙火(T)(A 会場 13:00〜13:45) 座長 加藤 勝美

15AP/Mg 系煙火劣化時の臨界湿度に関する研究○西脇洋佑(横国大)・松永猛裕(産総研)
 熊崎美枝子(横国大)
16割薬の燃焼挙動に関する研究○長廣大樹(愛知工大)・野村達也(愛知工大)・大谷清伸(東北大)・北川一敬(愛知工大)
17銅の有機化合物を用いた青光剤の色火に関する研究○長谷川雄紀(足利工大)・高木政幸(足利工大)・丁大玉(足利工大)・吉田忠雄(足利工大)

Session 6. プロペラント(U)(B 会場 13:00〜14:00) 座長 飯田 章英

18低融点熱可塑性推進薬の製造方法に関する研究○五十地輝(植松電機)・大田部晃(植松電機)・植松努(植松電機)・加藤信治(型善) 堀恵一(JAXA)・森田泰弘(JAXA)・森田泰弘(JAXA)・秋葉鐐二郎(HASTIC)
19レーザを用いた固体推進薬燃焼面近傍の可視化○松本幸太郎(JAXA)・岩崎祥大(総研大)・羽生宏人(JAXA)
20アルミニウム粉末を添加したWAX系固体燃料の熱的挙動(1)○松本有輝(日大)・田中怜雄(日大)・村上由依(日大)・高橋賢一(日大)・棚邊一景(横国大)・熊崎美枝子(横国大院)
21AN/AP系推進薬の熱分解性及び燃焼特性に対する酸化鉄の触媒効果(3)○東郷新平(防衛大)・甲賀誠(防衛大)

Session7. 燃焼・分解・反応(U)(A 会場 14:00〜14:45) 座長 富奥 祐二

22水添加プラズマジェットによる燃焼促進○池永優希(九工大)・川内敏生(九工大)・山本洋司(北九州高専)・橘武史(九工大)
23アゾジカルボンアミド/硝酸アンモニウム系混合物の燃焼特性(Z)○伊達新吾(防衛大)・田中新(防衛大)
24オゾン添加によるディーゼルエンジン着火の改善○五嶋雄大(北九州高専)・山本洋司(北九州高専)・橘武史(九工大)

Session8. 爆発・衝撃・加工(B 会場 14:10〜14:55) 座長 美矢 裕史

25層状炭粉塵爆発の火炎伝播機構に対する数値解析○志村啓(慶応大)・松尾亜紀子(慶応大)
26水中爆発を用いた布への洗浄効果(水面反射波の影響)○長廣大樹(愛知工大)・大谷清伸(東北大)・北川一敬(愛知工大)
27 円管内微小爆薬起爆による衝撃波圧力および膨張波発生制御法○大谷清伸(東北大)・中川敦寛(東北大)・中川佳一(東大院)・小川俊広(東北大)

Session9. 燃焼・分解・反応(V)(A 会場 15:00〜16:00) 座長 坂元 緑

28硝酸グアニジン / 塩基性硝酸銅混合物の燃焼ガス組成に及ぼす燃焼条件の影響○中島美穂(福大工)・松浦巧絃(福大工)・松永浩貴(福大工)・東英子(福大工)・高木聡介(日本化薬)・加藤勝美(福大工)
29安定剤を添加したニトロセルロースの熱安定性評価○福井里望(福大工)・東英子(福大工)・松永浩貴(福大工)・熊谷恒佑(旭化成)・石原悠(旭化成)・加藤勝美(福大工)
30ab initio 計算を用いたカリウムジニトラミドの熱分解機構○伊里友一朗(横国大)・越光男(横国大)・三宅淳巳(横国大)
31硝酸ヒドロキシルアミンの燃焼反応モデル○伊里友一朗(横国大)・越光男(横国大)・三宅淳巳(横国大)

Session10. 煙火(U)(B 会場 15:05〜15:50) 座長 佐野 洋一

32線香花火のスケーリング則○井上智博(東大)・伊里友一朗(横国大)・三宅淳巳(横国大)・越光男(横国大)
33煙火組成物の打撃感度に及ぼす湿度の影響○古荘貴章(福大工)・東英子(福大工)・出雲允生(産総研)・若林邦彦(産総研)・松井郁水(日本煙火協会)・畑中修二(日本煙火協会)・加藤勝美(福大工)
34打揚弾道におよぼす上空風速の影響○松井郁水(日本煙火協会)・畑中修二(日本煙火協会)

Session11. エネルギー物質・爆薬(U)(B 会場 16:00〜17:00) 座長 永石 俊幸

35置換基の違いによるテトラゾール類と電子受容体の混合物の熱挙動変化○鷹觜洋平(横国大)・熊崎美枝子(横国大)
36分子軌道計算によるトリアゾール誘導体の熱分解初期の予測○吉野悟(日大)・坂本恵一(日大)・小森谷友絵(日大)
37相安定化硝安の調製及びサイクル熱分析○伊達新吾(防衛大)・庄谷隼介(防衛大)
38 粒状エマルション爆薬におけるAP 添加が及ぼす影響 ○米田裕基(カヤク・ジャパン)・一宮聖(カヤク・ジャパン)・杉原秀明(カヤク・ジャパン)
○ 特別講演(A 会場 17:10〜18:10) 座長 中村 英嗣
「煙火保安の進展と火薬学会」
(公社)日本煙火協会  畑中 修二 氏
○ 懇 親 会 (18:20〜20:20)
場所:ホテルセントヒル長崎「妙見」

(第2日)11月11日(金)10:00〜10:45

Session12. 発破(A 会場 10:00〜10:45) 座長 外本 和幸

39室内小規模発破試験による岩石の破壊メカニズムに関する検討 ○高橋良尭(九州大)・佐分利禎(産総研) 笹岡孝司(九州大)・スゲン- ワヒューディー(九州大)・久保田士郎(産総研)・島田英樹(九州大)・緒方雄二(産総研)
40RC 壁を対象とした少薬量での45 度穿孔による破砕効果についての数値解析的検討 ○西野佳奈(横国大)・久保田士郎(産総研)・和田有司(産総研)・緒方雄二(産総研)・伊藤農利夫(相模工業)・長野正幸(相模工業)・中村聡磯(カヤク・ジャパン)・熊崎美枝子(横国大)
41動的破砕を適用したスラブ迅速解体工法に関する実験○竹内博幸(五洋建設)・中村裕一(熊本高専)・中村聡磯(カヤク・ジャパン)・長野正幸(相模工業)

Session13. 安全・環境(B 会場 10:00〜10:45) 座長 山口 正

42硝酸エステルの安定性評価に関する考察○加藤勝美(福大工)・福井里望(福大工)・松永浩貴(福大工)・東英子(福大工)
43地中式火薬庫モデルから生じる爆風に関する数値解析○杉山雄太(産総研)・若林邦彦(産総研)・松村知治(産総研)・中山良男(産総研)
44ピンホールからの82Mpa 高圧水素噴流の拡散及び着火特性 ○岡林一木(三菱重工)・内野隆(三菱重工)・田頭健二(三菱重工)・朝原誠(岐阜大工)・林光一(青学大)・小森雅浩(石油エネルギー技術協会)

閉会式(表彰式) 火薬学会 会長 三宅 淳巳  11:15〜11:45

エクスカーション

日時: 平成28年11月11日(金) 12:30 分 学会会場出発
場所: 三菱重工業長崎造船所資料館見学 13:10〜14:00
香焼工場見学 15:00〜16:00
長崎駅解散 17:00
費用: 4,500円

→PDF版プログラム

© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.