火薬学会HOME

平成27年度火薬学会秋季大会

主催 一般社団法人 火薬学会
日時 平成27年 12月10日(木)・11日(金)
会場 別府・豊泉荘
〒874-0902 大分県別府市青山町5−73
講演時間 講演時間:12分, 質疑討論:3分(合計 15分)
研究発表会 (第1日)12月10日(木)  9:30〜18:15
(第2日)12月11日(金)  9:30〜12:00
懇親会 12月10日(木)18:15〜20:15
 豊泉荘内
登録費 参加費 1名につき 
 一般;金10,000円
  (登録費;7,000円,懇親会費;3,000円)参加時に納入ください。
 学生;金3,000円
  (登録費;2,000円,懇親会費;1,000円)参加時に納入ください。
講演要旨集 講演要旨のみの希望者には、一部2,000円(送料共)でお頒けします。
残部僅少につき予めの申込み順で配布しますので、現金を同封してお申込みください。
会場案内 公立学校共催組合別府保養所・豊泉荘
〒874-0902 大分県別府市青山町5-73
●日豊本線「別府駅」下車、徒歩10分、タクシー約5分
●大分空港 バス(北浜下車)徒歩25分、タクシー、約10分
連絡先 火薬学会西部支部
〒813-8503
      福岡市東区松香台2-3-1 九州産業大学総合機器センター 佐野研究室
      (TEL:092-673-5662,Fax:092-673-5095)

プログラム

(第1日)12月10日(木) 9:30〜18:15

A会場 挨拶 火薬学会西部支部長 中村 英嗣

Session 1. エネルギー物質・爆薬(T)(A会場 9:30〜10:45)  座長 杉原秀明

No.題目発表者(○印は講演者)
1アンモニウムジニトラミド/アミン硝酸塩混合系の熱分解生成ガス分析○城戸大輝(福大工)・松永浩貴(福大工)・加藤勝美(福大工)・羽生宏人(JAXA)・野田賢(福大工)・三宅淳巳(横国大)
2アンモニウムジニトラミド系イオン液体推進剤の熱分解に及ぼす銅化合物の影響○松永浩貴(福大工)・加藤勝美(福大工)・羽生宏人(JAXA)・野田賢(福大工)・三宅淳巳(横国大)
3Ab initio計算及び分光法を用いたADN系イオン液体の分子構造解析○板倉正昴(横国大)・伊里友一朗(横国大)・羽生宏人(JAXA)・三宅淳巳(横国大)
4アンモニウムジニトラミド/アセトアミド混合系の熱分解機構解析○塩田謙人(横国大)・伊里友一朗(横国大)・松永浩貴(福大工)・羽生宏人(JAXA)・三宅淳巳(横国大)
5尿素誘導体の熱分解機構○吉野悟(日大工)・松本洋一(日大院)・小森谷友絵(日大工)・坂本恵一(日大工)

Session 2. 燃焼・分解・反応(T)(B会場 9:30〜10:45)  座長 西井茂樹

6酸添加ニトロセルロースの発熱挙動に及ぼす容器容量の影響○福井里望(福大工)・小笠原由佳(福大工)・松永浩貴(福大工)・東英子(福大工)・川口周平(日油)・加藤勝美(福大工)
7窒素含有量の異なるニトロセルロースと酸との反応性○福井里望(福大工)・小笠原由佳(福大工)・松永浩貴(福大工)・東英子(福大工)・川口周平(日油)・加藤勝美(福大工)
8硝酸グアニジン/塩基性硝酸銅混合物の燃焼性および燃焼ガス組成○中島美穂(福大工)・松浦巧絃(福大工)・松永浩貴(福大工)・東英子(福大工)・高木聡介(日本化薬)・加藤勝美(福大工)
9硝酸グアニジン/塩基性硝酸銅/水酸化アルミニウム混合物の燃焼性および燃焼ガス組成○松浦巧絃(福大工)・中島美穂(福大工)・松永浩貴(福大工)・東英子(福大工)・高木聡介(日本化薬)・加藤勝美(福大工)
10Ab-initio計算を用いた硝酸アンモニウムの熱分解反応解析○伊里友一朗(横国大)・越光男(横国大)・三宅淳巳(横国大)

Session 3. プロペラント(T)(A会場 10:55〜11:55)  座長 馬崎 運

11Chelate-treating: study for HAN-based spacecraft propulsion subsystem monopropellant's metal ions chelating process○Haitham Ambu-Saidi(JAXA)・Rachid Amorusse(JAXA)・Keigo Hatai(JAXA)・Hirohide Ikeda(JAXA)・Kaz Hirakawa(IIS)・Keiichi Hori(JAXA)
12加圧と水噴射による固体推進薬の容器内での燃焼中断(第2報)○柴澤源(防衛大)・田中雅文(防衛大)
13キャピラリーチューブ内におけるADN系イオン液体の消炎○井出雄一郎(総研大院)・高橋拓也(カーリットホールディングス)・岩井啓一郎(カーリットホールディングス)・野副克彦(カーリットホールディングス)・羽生宏人(JAXA)・徳留慎一郎(JAXA)
14X線CTを用いた固体推進薬中のAP粒子/微小ボイドの分散評価○岩崎祥大(総研大院)・細見直正(関西大)・大竹加那(関西大)・松本幸太郎(JAXA)・山口聡一郎(関西大)・羽生宏人(JAXA)
15アクリル酸重合暴走に伴う過熱水生成機構と蒸気爆発危険性評価○藤田道也(横国大)・飯塚義明(PHAコンサルティング)・三宅淳巳(横国大)

Session 4. 発破(B会場 10:55〜11:55)  座長 坂元 緑

16円孔を配慮した木材の動的破面制御に関する研究○田中茂(熊本大工)
17小規模発破における込め物の違いによるRC壁の破砕状況について○西野佳奈(横国大/産総研)・久保田士郎(産総研)・和田有司(産総研)・緒方雄二(産総研)・伊藤農利夫(相模工業)・長野正幸(相模工業)・中村聡磯(カヤク・ジャパン)・熊崎美枝子(横国大)
18横孔方式による動的破砕を運用した杭頭処理工法の実用化○竹内博幸(五洋建設)・中村裕一(熊本高専)・中村聡磯(カヤク・ジャパン)・長野正幸(相模工業)
19金属酸化物/アルミニウム系混合物の燃焼特性(II)○米田裕基(カヤク・ジャパン)・梶友裕(カヤク・ジャパン)・一宮聖(カヤク・ジャパン)・杉原秀明(カヤク・ジャパン)
20簡易装薬ホルダーを使用したRCスラブの動的破断面制御技術の開発○中村裕一(熊本高専)・竹内博幸(五洋建設)・中村聡磯(カヤク・ジャパン)・鳥原修(宇部興産)・長野正幸(相模工業)・松浦弘明(熊本高専)

昼休み 11:55〜13:00

Session 5. 爆発・衝撃・加工(A会場 13:00〜14:00)  座長 外本和幸

21飛翔体に加わる摩擦抗力に関する砲内弾道解析○浅野啓(慶応大理工)・松尾亜紀子(慶応大理工)
22水中爆発を用いた布への洗浄効果(布周りの流れ場計測)○長廣大樹(愛知工大)・野村達也(愛知工大)・大谷清伸(東北大)・北川一敬(愛知工大)
23生態模擬物質中の衝撃波伝播挙動○大谷清伸(東北大)・中川敦寛(東北大)・中川桂一(東京大)
24画像相関法を用いた爆発荷重を受ける材料の動的挙動解析○佐分利禎(産総研)・久保田士郎(産総研)

Session 6. プロペラント(II)(B会場 13:00〜14:15)  座長 前川尚司

25AN/AP系推進薬の熱分解及び燃焼特性に対する酸化鉄の触媒効果○東郷新平(防衛大)
26発射薬のジェット感度評価○上田祥久(防衛装備庁)
27金星用タグテッドロケットの燃焼特性 −圧力指数の効果−○雨内日向子(日大理工)・西村純平(日大理工)・中村晶(日大理工)・桑原卓雄(日大理工)
28酸化剤にH2Oを用いたガスハイブリッドロケットの燃焼特性 −Mg-Al粒子径の効果−○佐藤尭(日大院)・桑原卓雄(日大理工)
29TiO2を添加したAPコンポジット推進薬の燃焼速度○松本幸太郎(JAXA)・岩崎祥大(総研大)・羽生宏人(JAXA)

Session 7. 燃焼・分解・反応(II)(A会場 14:25〜15:40)  座長 久保大理

30硝酸アンモニウムと微粒子金属のペレットサンプルの燃焼に関する研究○冨吉正太郎(東海大院)・堀恵一(JAXA)
311,2,4-トリアゾール-3-オン/硝酸塩混合物の熱分解機構解析○徳永直人(横国大)・吉野悟(日大)・三宅淳巳(横国大)
32アンモニウムジニトラミドの分解反応速度解析○伊里友一朗(横国大)・越光男(横国大)・羽生宏人(JAXA)・三宅淳巳(横国大)
33硝酸ヒドロキシルアミンの燃焼特性に関する検討○伊東山登(東大院工)・富山昇吾(ダイセル)・堀恵一(JAXA)
34触媒存在下でのHAN系水溶液の燃焼分析○伊東山登(東大院工)・Rachid Amrousse(JAXA)・堀恵一(JAXA)・今坂藤太郎(九大院工)・池田博英(JAXA)・小林秀行(JAXA)・畑井啓吾(JAXA)

Session 8. 安全・環境(I)(B会場 14:25〜15:40)  座長 美矢裕史

35トルエンおよびメチルシクロヘキサンの燃焼特性に与える水素の影響○青木紘之(横国大)・中山穣(横国大)・三宅淳巳(横国大)
36堤防の大きさと爆風伝播の関係に関する数値解析○安藤寛昭(慶応大)・杉山勇太(産総研)・松尾亜紀子(慶応大)
37粉末用大気圧プラズマ処理装置を用いた物質表面へのフッ素官能基付加○箱田友里(九産大工)・佐野洋一(九産大)・古賀啓子(九産大)
38粉末用大気圧プラズマ処理装置を用いた物質表面へのフッ素官能基付加(2)○佐野洋一(九産大)・箱田友里(九産大工)・古賀啓子(九産大)
39軸対称モデルによる水の爆風低減効果に関する数値解析○杉山勇太(産総研)・保前友高(富山高専)・中山良男(産総研)

Session 9. 煙火(A会場 15:50〜17:05)  座長 佐野洋一

40AP系煙火の劣化に与える湿気の影響○西脇洋佑(横国大)・松永猛裕(産総研)・熊崎美枝子(横国大)
41AP系煙火の形状に水分が与える影響○西脇洋佑(横国大)・澁谷忠弘(横国大)・松永猛裕(産総研)・熊崎美枝子(横国大)
42線香花火の火弾寿命○井上智博(東京大)・伊里友一朗(横国大)・三宅淳巳(横国大)・越光男(横国大)
43手持ち吹出し花火「ススキ」の白火薬の燃焼特性(1)○松井郁水(日本煙火協会)・畑中修二(日本煙火協会)
44手持ち吹出し花火「ススキ」の白火薬の燃焼特性(2)○松井郁水(日本煙火協会)・畑中修二(日本煙火協会)

Session 10. 安全・環境(II)(B会場 15:50〜17:05)  座長 加藤勝美

45事故分析手法PFAを用いた火薬類の事故事例分析(XI)○伊藤貴子(産総研)・阿部祥子(産総研)・松倉邦夫(産総研)・中島農夫男(産総研)・若倉正英(産総研)・和田有司(産総研)
46事故分析手法PFAを用いた火薬類の事故事例分析(XII)○阿部祥子(産総研)・伊藤貴子(産総研)・松倉邦夫(産総研)・中島農夫男(産総研)・若倉正英(産総研)・和田有司(産総研)
47小規模SCO試験装置を用いた発射薬の反応特性○塚原祐介(旭化成ケミカルズ)・野田英宏(旭化成ケミカルズ)・加藤和彦(産総研)・岡田賢(産総研)・松永猛裕(産総研)
48シュウ酸銀の爆発安全性評価 −シュウ酸銀の基礎的特性評価−○佐藤嘉彦(労安研)・岡田賢(産総研)・秋吉美也子(産総研)・松永猛裕(産総研)・久保仁志(田中貴金属)・ 牧田勇一(田中貴金属)
49シュウ酸銀の爆発安全性評価 −グラムスケールでの爆発特性評価−○岡田賢(産総研)・佐藤嘉彦(労安研)・Abe Rene Yo(産総研)・秋吉美也子(産総研)・久保仁志(田中貴金属)・牧田勇一(田中貴金属)・松永猛裕(産総研)
○ 特別講演(A会場 17:15〜18:15)  座長 中村英嗣
「日本の大航海時代の金属交易と火器」
別府大学 文学部長 飯沼賢司 先生
○ 懇親会 18:15〜20:15
場所 豊泉荘内

(第2日)12月11日(金)9:30〜12:00

Session 11. 燃焼・分解・反応(III),分析(A会場 9:30〜10:15)  座長 山口 正

50ニトロセルロース/硫酸の発火挙動○伊藤俊介(産総研)・川口周平(日油)・熊谷恒祐(旭化成ケミカルズ)・新井充(東京大)・和田有司(産総研)
51アゾジカルボンアミド/硝酸アンモニウム系混合物の燃焼特性(V)○伊達新吾(防衛大)・奥村優輝(防衛大)・田中新(防衛大)
52複数の断熱熱量計による有機過酸化物の測定結果の比較○佐藤嘉彦(労安研)

Session 12. プロペラント(III),ガス爆発(B会場 9:30〜10:15)  座長 橘 武史

53HAN系一液推進剤の単一液滴を対象としたレーザー点火実験○勝身俊之(長岡技術科学大)・宮島佳輝(長岡技術科学大)・門脇敏(長岡技術科学大)
54AP/HTPB系コンポジット推進薬でのアルミニウム粒子の凝集○高橋賢一(日大理工)・井上拓磨(日大理工)・砂坂龍次(日大理工)・中村政之(日大理工)
55メタン/酸素予混合気における円管を用いたデトネーション伝播限界近傍の遷移に関する実験−デトネーションの消失、再着火現象に与える等量比の影響−○林晃一(九工大)・吉田啓祐(九工大)・森井雄飛(九工大)・村上清人(九工大)・坪井伸幸(九工大)・林光一(青学大)
56Development of eco-friendly propellants for future space applications○Rachid Amrousse(JAXA)・ Haitham Ambu-Saidi(JAXA)・Keigo Hatai(JAXA)・Hirohide Ikeda(JAXA)・Hideshi Kagawa(JAXA)・Keiichi Hori(JAXA)

閉会式(表彰式) 火薬学会 新井 充 11:00〜12:00

エクスカーション

日時:12月11日(金) 13:00〜 研究発表会場前集合
場所:九州電力(株)八丁原地熱発電所(大分県玖珠郡九重町)
募集:25名 費用:2,500円

→PDF版プログラム

© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.