[HOME][研究発表会]

火薬学会第61回通常総会並びに
2002年度春季研究発表講演会

期  日 5月14日(火),15日(水)
場  所 学術総合センター 一橋記念講堂
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2
TEL 03-4212-6000
研究発表会 第1日:5月14日(火) 9:45〜17:50 記念講堂中会議室
第2日:5月15日(水)11:00〜14:10 中会議室
評議員会 5月14日(火) 11:50〜12:40 中会議室
通常総会 5月14日(火) 12:50〜14:00 記念講堂
懇 親 会 5月15日(火) 18:00〜20:00 中会議室
登 録 費 1名に付き,
(1)12,000円 (参加費・講演要旨集代・懇親会費共)
(2) 7,000円 (参加費・講演要旨集代共)(懇親会に出席しない方)(学生は4,000円)
(3) 5,000円 (懇親会のみ出席される方)(学生は金3,000円)
講演要旨集 ご希望の方は,1部3,500円(送料共)でお申込下さい。郵送いたします。

  • ISEM2002に登録された方は,自動的に登録されます。ISEM2002に登録されないで,ISEM2002に参加ご希望の方は,10,000円お支払い下さい。

  • 液晶プロジェクター使用希望の方は予めお申し出下さい。
    液晶プロジェクターも使用できます。
    使用可能なソフトは Windows98 上の power point に限定いたします。またファイル容量は 1.44MB 以下とします。 PCは事務局で用意いたします。 使用を希望される方は、ファイルを 1.44MB IBM(DOS/V)フォーマットのフロッピーディスクにコピーして,5月14日は9:30〜10:00又は12:30〜13:00の間に,5月15日は10:00〜10:30又は12:30〜13:00の間に受付に提出して下さい。 さらに、不測のトラブルに備えて OHP も必ずご用意下さい。


  • なお、総会委任状は出欠の有無にかかわらず,所要事項を記入の上5月1日迄に当学会必着のようご投函下さい。 懇親会にご出席の方は準備の都合上申込後の取消しはご遠慮願います。


■プログラム■

月日
時 間
記念講堂
時 間
中会議室
5

14

9:45 開会の辞 9:45 開会の辞
9:50〜11:20 発破 9:50〜10:50 煙火
    11:40〜12:40 評議員会
12:50〜14:00 通常総会    
14:10〜15:00 特別講演    
15:10〜16:20 爆発・衝撃・加工 15:10〜16:10 エネルギー物質・爆発(I)
16:30〜17:50 プロペラント・
火工品・感度
16:20〜17:20 エネルギー物質・爆発(II)
17:30〜17:50 環境安全委員会報告
5

15

ISEM2002 11:20〜12:20 燃焼・分解・反応(I)
13:00〜14:10 燃焼・分解・反応(II)
18:00〜20:00 懇親会



■5月14日(火)■



記 念 講 堂
開会の辞(9:45)
年会委員長 藤沢俊彦
Session1.発  破(9:50〜11:30)
座長 金子勝比古
1.エアジャッキを用いた建物の耐震性能向上に関する研究(I)(15分)
○加藤政利・鴇田圭司(五洋建設)・緒方雄二(産総研)・勝山邦久(愛媛大)・橋爪 清(日本化薬)
2.市街地における掘削を実現したEDD制御発破工法(15分)
○黒木和弘(旭化成)
3.スロットとEDDを併用した低振動掘削工法(15分)
○松岡秀文(旭ジオテック)
4.ボーリングコアを用いた発破損傷領域の検討(15分)
○緒方雄二・丁 佑鎮・青木一男(産総研・資源環境)・宮村南峨生(カコー)
5.爆源近傍の破壊に関する一考察(10分)
○佐藤善政・橋爪 清・井上篤雄(日本化薬)・勝山邦久(愛媛大)




中 会 議 室
開会の辞(9:45)
年会委員長代理 栗原洋一
Session2.煙  火(9:50〜10:50)
座長 井上吉勝
6.有機化合物と過塩素酸カリウム混合物の熱挙動(笛薬の研究)(10分)
○古賀道生・石川弘毅・園田眞三・李 晶・吉永俊一(九産大)
7.煙火組成物の自然発火過程に及ぼす熱伝導率の影響(15分)
○秋月志乃・三宅淳巳・岡 泰資・小川輝繁(横浜国大)・松永猛裕・飯田光明(産総研)
8.雷の殉爆性(I)(15分)
○畑中修二・奥 雄志・村松 栄(日本煙火協会)
9.雷の殉爆性(II)(15分)
○畑中修二(日本煙火協会)・小勝一弘(丸玉屋小勝煙火店)・飯田光明・松永猛裕(産総研)



評 議 員 会(11:50〜12:40)中会議室



記 念 講 堂
第61回通常総会(12:50〜14:00)

1. 報告事項(1)
(1)評議員・役員の改選結果
(2)会長・副会長の選任結果
(3)寄付金受領
(4)会安値上げによる細則の改正

2. 第61回通常総会議案審議
第1号議案 平成13年度事業報告並びに収支決算案承認の件
第2号議案 平成13年度末余剰金処分案承認の件
第3号議案 平成13年度末財産目録案承認の件
第4号議案 平成14年度事業計画並びに収支予算案承認の件
第5号議案 永年会員推薦の件

3.報告事項(2)
(1)平成13年度火薬学会賞受賞者選定結果
(2)助成金受領
(3)寄付金受領
(4)細則の改正(学術賞・企画委員会の設定)

4.その他

Session3.特別講演(14:10〜15:00)
座長 藤沢俊彦
10.「最近の規制改革の動き」
鈴木良男((株)旭リサーチセンター社長、旭化成(株)常任顧問)

Session4.爆発・衝撃・加工(15:10〜16:20)
座長 松永猛裕
11.衝撃負荷による木材の浸透性の向上(10分)
○長原光志・黒山 豊・山本友和(北海道日油)・長野司郎・伊東 繁(熊大工)
12.フッ素系高分子センサーによる水中衝撃波の測定(III)(15分)
○村田健司・高橋勝彦・加藤幸夫(日油・武豊)
13.ニトロメタンの衝撃波及び爆轟波のマッハ反射(15分)
○田中克己・高橋明文・徳橋和明(産総研)
14.cw YAG Laser によるPETNの加熱と予備加熱型衝撃起爆法(15分)
○戎崎英世・久保田士郎・永山邦仁(九大工)
15.PETN系PBXを使用したノイマン効果阻止剤の研究(15分)
○伊達新吾・佐藤純一(防衛大)
Session5.プロペラント・火工品・感度(16:30〜17:50)
座長 伊達新吾
16.発射薬の経時変化(10分)
○佐伯浩司・秋吉美也子・中村英嗣(九工大)・美矢裕史・御手洗嘉昭(旭化成)
17.HAN系液体酸化剤の研究(III)(10分)
○芝本秀文・東原千春(細谷火工)・堀 恵一(宇宙科学研)
18.ケイ素と金属酸化物の反応(10分)
○後藤哲雄・秋吉美也子・中村英嗣(九工大)・西 政明・山田吉徳(旭化成)
19.市販過酸化水素を酸化剤とする液体/ハイブリッドロケット(15分)
○辻角信男(東海大)・石原 敦(埼玉工大)・北原一起(川崎重工業)
20.JIS落鎚感度試験の問題点(15分)
○黒田英司・松永猛裕・飯田光明・吉田正典・藤原修三(産総研)・松川 誠(昭和金属工業)
21.ピクリン酸とピクリン酸塩類の静電気感度(15分)
○黒田英司・松永猛裕・飯田光明・吉田正典・藤原修三(産総研)・松川 誠(昭和金属工業)・永石俊幸(九産大)



中 会 議 室
Session6.エネルギー物質・爆薬(I)(15:10〜16:10)
座長 加藤一成
22.ANFO爆薬の感度低下剤に関する検討(10分)
○野副克彦・松平重勝・藤井昭彦(カーリット)
23.エマルション爆薬の耐衝撃性(15分)
○緒方智博・宮崎達夫・枩澤俊雄・井上篤雄(日本化薬)
24.硝安系爆薬の反応性改善(I)(15分)
○円城篤志・有田武功・小坂安則(旭化成)
25.各種ANFOの起爆感度に関する研究(15分)
○鴇田淳哉・荒巻昌作・井上順児・小坂安則(旭化成)
Session5.エネルギー物質・爆薬(II)(16:20〜17:20)
座長 北島英二
26.CL-20を用いた圧填可能な高性能爆薬の開発(10分)
○山下繁紀・原田洋一郎・永易伸生・伊藤建爾・蓮田 勉(中化)
27.火薬試験体の水ジェット切断時における爆発(15分)
○杉山 健(神戸製鋼所)・井口久史・石口昌道(日本油脂)・緒方雄二・若林邦彦・吉田正典・藤原修三(産総研)
28.溶填TNT爆薬の衝撃起爆試験(15分)
○安部尊之・賀 紅亮・中山良男・吉田正典・藤原修三(産総研)・中村圭一(中化)
29.爆発による不活性物質の分散挙動(15分)
○岡田 賢・安部尊之・若林邦彦・黒田英司・松村知治・中山良男・飯田光明・吉田正典・藤原修三(産総研)・高田通之助・草野英昭(島津製作所)・塩見紘一(島津総合分析試験センター)
Special Session 環境安全委員会(安定度について)報告(17:30〜17:50)
座長 新井 充
○中村 順(科学警察研究所)


■5月15日(水)■



中 会 議 室
Session8.燃焼・分解・反応(I)(11:20〜12:20)
座長 枩沢俊雄
30.着色煙薬組成物の燃焼特性(10分)
○田村敏彦・沖津敏洋・小林 武(日本工機)
31.無機過酸化物とアルミニュウム粉の反応とその応用(15分)
○生田一成(河合石灰工業)・福井久明(ロックス・ジャパン)
32.アルミニュウム-水系の反応(15分)
○永石俊幸(九産大)・福井久明(ロックス・ジャパン)
25.ニトロセルロースの水洗による安定性向上効果について(15分)
○川口周平・久保田浩二・中塚漢二(日油・武豊)
Session5.燃焼・分解・反応(II)(13:00〜14:10)
座長 永石俊幸
34.熱分析及び分光分析を用いたピクリン酸とピクリン酸鉛の熱分解挙動の解析(15分)
○松土貴一・三宅淳巳・岡 泰資・小川輝繁(横浜国大)・松永猛裕・飯田光明(産総研)
35.ラマン分光を用いたニトロ化合物の混合危険性解析(15分)
○江口智裕・三宅淳巳・岡 泰資・小川輝繁(横浜国大)・ 松永猛裕・飯田光明(産総研)
36.ガス発生剤より発生しうる有害ガスの防止に関する研究(I)(15分)
○伊達新吾・蓮江和夫(防衛大)・鹿住 孝(日本工機)
37.5-アミノ-1H-テトラゾール/酸化剤混合物の燃焼機構(15分)
○宮田泰好・蓮江和夫(防衛大)





会 場

学術総合センター 一橋記念講堂

<最寄り駅>
●営団地下鉄半蔵門線/都営地下鉄三田線・新宿線「神保町駅」A8出口 徒歩5分
●営団地下鉄東西線「竹橋」駅 1B出口 徒歩5分


© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.

[HOME][研究発表会]