[HOME][研究発表会]

火薬学会第60回通常総会並びに
2001年度春季研究発表講演会

 

期  日 5月17日(木),18日(金)
会  場 中央大学駿河台記念館 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
TEL 03-3292-3111
研究発表会 第1日:5月17日(木) 9:30〜17:35 370号室(A会場),520号室(B会場)
第2日:5月18日(金) 9:00〜17:00 370号室(A会場),520号室(B会場)
評議員会 5月17日(木) 12:00〜12:50 670号室
通常総会 5月17日(木) 13:00〜14:00 370号室(A会場)
懇 親 会 5月18日(金) 17:30〜19:30 お茶の水 ホテル 聚楽(03-3251-7222)
年 会 費 1名に付き,
(1)金12,000円(参加費・講演要旨集代・懇親会費共)
(2)金 7,000円(参加費・講演要旨集代共)(懇親会に出席しない方)(学生は金4,000円)
(3)金 5,000円(懇親会のみ出席される方)(学生は金3,000円)
講演要旨集 研究発表会に出席できない方で講演要旨集のみ希望される方は代金(1部3,500円送料共)を添えてお申し込み下さい。郵送いたします。

液晶プロジェクター使用希望の方は予めお申し出下さい。

今回より液晶プロジェクターも使用できます。
使用可能なソフトはWindows98上のpower pointに限定いたします。またファイル容量 は1.44MB以下とします。PCは事務局で用意いたします。使用を希望される方は、ファイルを1.44MB IBM(DOS/V)フォーマットのフロッピーディスクにコピーして,5月17日は9:00〜9:30又は12:30〜13:00の間に、5月18日は8:45〜9:00又は12:30〜13:00の間に受付に提出して下さい。さらに、不測のトラブルに備えてOHPも必ずご用意下さい。


なお、送付された総会委任状は出欠の有無にかかわらず,所要事項を記入の上5月1日迄に当学会必着のようご投函下さい懇親会にご出席の方は準備の都合上申込後の取消しはご遠慮願います。



■プログラム■

月日
時 間
A 会 場
時 間
B 会 場

5

17

9:30 開会の辞 9:30 開会の辞
9:35〜10:40 発破 9:35〜10:30 火工品
10:45〜11:50 爆発・衝撃・加工(I) 10:35〜11:55 エネルギー物質・爆発
    12:00〜12:50 評議員会(670号室)
13:00〜14:00 通常総会    
14:05〜14:55 特別講演(I)    
15:00〜16:15 爆発・衝撃・加工(II) 15:00〜16:15 煙火
16:20〜17:35 爆発・衝撃・加工(III) 16:20〜17:00 分析
5

18

9:00〜9:50 燃焼・分析・反応(I) 9:00〜10:05 感度(I)
9:55〜11:05 燃焼・分析・反応(II) 10:10〜11:10 感度(II)
11:10〜12:20 プロペラント 11:15〜12:15 爆発・衝撃・加工(IV)
13:10〜15:10 オーガナイズド・セッション    
15:20〜15:50 火薬学会賞受賞講演    
16:00〜16:50 特別講演(II)    
17:30〜19:30
懇親会 聚楽(ジュラク)


 
■5月17日(木)



A 会 場

開会の辞(9:30)
年会委員長 早 川 経 敏
Session1.発  破(9:35〜10:40)
座長 橋 爪   清
1.機能性ANFO爆薬の実用評価試験(10min.)
 ○中村聡磯・桑田一吉(カヤテック本部)・野口克己・枩澤俊雄(日化・火研)

2.爆破水槽の設計について(III)−バブル発生装置による水槽強度への影響−(15min.)
 ○角谷文彦・加藤幸夫(日油・武豊)・黒山 豊(北海道日油)
 長野司郎・伊東 繋(熊大工)

3.爆破水槽の設計について(IV)一バブル発生装置による地盤振動への影響−(10min.)
 ○角谷文彦・加藤幸夫(日油・武豊)・黒山 豊(北海道日油)
 長野司郎・伊東 繋(熊大工)

4.爆破にともなう応力波と亀裂の可視化観察(10min.)
 ○中村裕一・藪 健治・久保田 智(八代工業高専)・小坂安則(旭・化薬研)

5.AirTubesを利用した発破方法(15min.)
 ○姜 大雨・沈 東洙(韓国 東亜大学校)

 

Session2.爆発・衝撃・加工(I)(10:45〜11:50)

座長 松 永 猛 裕
6.カラマツの衝撃負荷実験(10min.)
 ○長原光志・中地 章・黒山 豊(北海道日油)・角谷文彦(日油・武豊)
 長野司郎・伊東 繋(熊大工)

7.高迎え角翼の失速(10min.)
 ○永易伸生・川本喜計・入江重徳(中国化薬)
 小川俊広・小島英則・小野寺 収・高山和喜(東北大・流体研)

8.土堤内微少爆発による爆風の伝播(15min.)
 ○橋本智之・花本 茂・前野一夫(千葉大・工)
 中山良男・松村知治・岡田 賢・吉田正典(産業技術総研)

9.水カーテンによる爆風の減衰に関する研究(I)(15min.)
 ○金 東俊・三宅淳巳・小川輝繁(横浜国大・工)
 中山良男・松村知治・岡田 賢・吉田正典(産業技術総研)

10.空中爆発現象の数値解析上の諸問題(II)(15min.)
 ○田中克己(産業技術総研)・片山雅英(CRC総研)




B 会 場
開会の辞(9:30)
年会委員長代理 三 好  仁
Session3.火工品(9:35〜10:30)
座長 鹿 住   孝
11.新規ガス発生剤の燃焼ガス組成に関する研究(10min.)
 ○林 卓弘・宮坂 怜・中里直人・伊藤 葵・和田有司・新井 充・田村昌三(東大工)
 原田忠昌(日本プラスト)

12.硝酸アンモニウム-アルミニウム系ガス発生剤に関する研究(10min.)
 ○宮坂 怜・中里直人・林 卓弘・伊藤 葵・和田有司・新井 充・田村昌三(東大工)

13.硝酸アンモニウム-アゾール錯体系ガス発生剤に関する研究(10min.)
 ○宮坂 怜・熊崎美枝子・伊藤 葵・和田有司・新井 充・田村昌三(東大工)
 原田忠昌(日本プラスト)

14.連発式救難信号筒の諸特性について(15min.)
 ○井上 武・峰岸義文・落合利昶・青木一郎(細谷火工)

15.遠隔起爆(10min.)
 ○福井久明(ロックス・ジャパン)

 

Session4 エネルギー物質・爆薬(10:35〜11:55)
座長 鳥 飼 隆 顕
16.アゾール類銅錯体の特性に関する研究(10min.)
 ○熊崎美枝子・木内真一・宮坂 怜・伊藤 葵・和田有司・新井 充・田村昌三(東大工)

17.HNIW(CL-20)を用いたPBXの開発(10min.)
 ○黒木賢二・飛田栄治・阿波野照幸(旭・大分)

18.析出法によるHNS(へキサニトロスチルべン)の比表面積制御(10min.)
 ○高橋利明・鹿住 孝(日本工機)

19.HNS精製における不純物の堆移(10min.)
 ○松田圭祐・鹿住 孝・星 修一(日本工機)

20.バルク装填エマルション爆薬(II)(10min.)
 ○高橋康博・曽山一人・村田健司・廣崎義一(日油・武豊)

21.耐水ANFOの研究(I)(15min.)
 ○井上順児・荒牧昌作・鴾田淳哉・小坂安則(旭・化薬研)

22.低比重粒状爆薬の実用評価試験(II)(15min.)
 ○杉原秀明・谷口弘幸・野口克己・枩澤俊雄(日化・火研)
 吉原 潔(カヤテック・福岡)




評議員会(12:00〜12:50)(670号室)



A 会 場
第60回通常総会(13:00〜14:00)

1.議  案
  第1号議案 2000年度(平成12年度)事業報告並びに収支決算案承認の件
  第2号議案 2000年度(平成12年度)末剰余金処分案承認の件
  第3号議案 2000年度(平成12年度)末財産目録案承認の件
  第4号議案 2001年度(平成13年度)事業計画並びに収支予算案承認の件

2.報告事項
  (1)2000年度(平成12年度)火薬学会賞受賞者選定結果
  (2)助成金受領
  (3)寄付金受領
  (4)会安値上げによる細則の改正

3.火薬学会賞受賞式

4.その他

 

Session5.特別講演(I)(14:05〜14:55)
座長 三 好   仁

23.「爆発・衝撃波現象研究の現状と将来」
 高 山 和 喜(東北大学流体科学研究所教授)

 

Session6.爆発・衝撃・加工(II)(15:00〜16:15)
座長 中 村   順
24.無煙火薬のDDT試験(15min.)
 ○吉田正典・松村知治・中山良男(産業技術総研)
 井口久史・内川俊彦・加藤一成(日油・武豊)

25.無煙火薬の爆轟速度(15min.)
 ○岡田 賢・松村知治・中山良男・吉田正典(産業技術総研)
 井口久史・内川俊彦・澤田徹哉・加藤一成(日油・武豊)

26.無煙火薬爆発における火薬容器の燃焼(15min.)
 ○松村知治・岡田 賢・中山良男・吉田正典(産業技術総研)
 井口久史・内川俊彦・澤田徹哉・加藤一成(日油・武豊)

27.モルタル平板の表面爆破による地面クレータ(15min.)
 ○中山良男・岡田 賢・松村知治・吉田正典(産業技術総研)
 民田利明・松浦法顕・加藤一成(日油・武豊)

28.緩慢なエネルギー放出による爆風の一次元数値解析(15min.)
 ○吉田正典(産業技術総研)・吉田郁哉(富士総研)・加藤一成(日油・武豊)

 

Session7.爆発・衝撃・加工(III)(16:20〜17:35)
座長 三 宅 淳 巳
29.導爆線の水中爆発により発生した水中衝撃波の測定(II)(15min.)
 ○村田健司・高橋勝彦・加藤幸夫(日油・武豊)・伊東 繋(熊大工)

30.水中衝撃波の反射を利用した爆発圧着法(15min.)
 ○藤田昌大・吉良章夫・白本和正(崇城大)・氏本泰弘(旭・大分)
 外本和幸・伊東 繋(熊大工)

31.水中衝撃圧縮法によるZrO2/Ni系傾斜機能材の創製(15min.)
 ○千葉 昂・尾崎竜治・森園靖治(熊大工)

32.衝撃粉末固化技術について(15min.)
 ○柿本悦二・道家清孝(旭化成)・伊東 繋・森本秀行・中村雄一(熊大工)

33.高速ジェットの集束衝突による超高圧発生(15min.)
 ○藤田昌大・友重竜一・加藤昭夫・吉良章夫(崇城大)・氏本泰弘(旭・大分)
 外本和幸・伊東 繋(熊大工)




B 会 場
Session8.煙  火(15:00〜16:15)
座長 小 勝 一 弘
34.滝ランス組成物の特性評価(10min.)
 ○宗野善之・相本 博・枩澤俊雄(日化・火研)・松永猛裕・飯田光明(産業技術総研)

35.安息香酸カリウムと過塩素酸カリウム混合物の熱挙動(笛薬の研究)(10min.)
 ○石川弘毅・古賀道生・松本 勝・津留寿昭・吉永俊一・(九産大・工)

36.発音体における発生ガスの影響(10min.)
 ○古賀道生・松田祐介・吉永俊一(九産大・工)

37.Mg−H20系の微小熱量測定(10min.)
 ○松井郁水・畑中修二(日本煙火協会検査所)

38.宮崎県煙火製造所の事故(10min.)
 ○畑中修二(日本煙火協会検査所)

39.煙火発光機構に関する研究(10min.)
 ○千田和也・和田有司・新井 充・田村昌三(東大工)・松永猛裕・飯田光明(産業技術総研)

40.煙火組成物の爆風圧測定(15min.)
 ○西上 雅・田名網 潔・三宅淳巳・小川輝繋(横浜国大)
 松永猛裕・飯田光明(産業技術総研)

 

Session9.分 析(16:20〜17:00)
座長 松 平 重 勝
41.MS技術による火薬類から発生するガス成分分析に関する研究(I)
   −MS/MS技術を用いた固体及び液体爆発性化合物の分析一(15min.)
 ○太田俊彦・楠元研二(日油・武豊)
 田中誠二・後藤高志・和気 泉・高田安章・永野久志(日立製作所)

42.MS技術による火薬類から発生するガス成分分析に関する研究(II)
   −MS/MS技術を用いた爆発物の気相中における検出の検討−(15min.)
 ○楠元研二・太田俊彦(日油・武豊)
 堤 博文・中重恵子・和気 泉・高田安章(日立製作所)

43.国連勧告による酸化性液体試験の研究(III)(10min.)
 ○藤井昭彦・芝崎健寿(日本カーリット)

 




5月18日(金)



A 会 場

Session10.燃焼・分解・反応(I)(9:00〜9:50)
座長 北 島 英 二
44.アミノテトラゾール-硝酸塩系ガス発生剤に関する基礎研究(10min.)
 ○大場 順・秋吉美也子・中村英嗣(九工大・工)・池田健士郎(日化・火研)

45.HMX系ガス発生剤の研究(I)(15min.)
 ○芝本秀文(細谷火工)

46.エアバッグ用ガス発生剤の経時変化に関する研究(10min.)
 ○和田有司・戸津洋介・伊藤 葵・新井 充・田村昌三(東大工)

47.テトラゾール系化合物の熱挙動に関する研究(15min.)
 ○伊達新吾・蓮江和夫(防衛大)

 

Session11.燃焼・分解・反応(II)(9:55〜11:05)
座長 永 石 俊 幸
48.金属錯体硝酸塩の熱挙動(IV)(15min.)
 ○山口屋奈穂・秋吉美也子・中村英嗣・原 泰毅(九工大・工)

49.加圧下における硝酸アンモニウムの熱分解機構(15min.)
 ○伊藤旭人・三宅淳巳・小川輝繋(横浜国大)・飯塚義明(三菱化学)

50.活性炭/相安定性硝酸アンモニウムの組成物に関する研究(15min.)
 ○呉 建州・松岡一之(ダイセル化学工業)

51.N2O5によるニトロ化の活性攻撃種に関する研究(10min.)
 ○阿久津好明・吉澤二千六・和田有司・浜野朝洋・新井 充・田村昌三(東大工)

52.エネルギー物質の生成熱量と断熱火炎温度の関係(15min.)
 ○青木一郎(細谷火工)

 

Session12.プロペラント (11:10〜12:25)
座長 加 藤 一 成
53.HNIWの固体推進薬への適用可能性(15min.)
 ○川崎秀俊・御手洗善昭(旭・大分)

54.自己消炎する固体推進薬の容器内燃焼特性(15min.)
 ○吉澤隆夫・関 康和・桜本正幸・早川茂之・田中雅文(防衛大)

55.Mg/AI-AP系固体推進薬の燃焼機構(15min.)
 ○羽生宏人・霜田正隆・堀 恵一・斎藤猛男・高野雅弘(宇宙科研)

56.HAN系液体酸化剤の研究(II)(10min.)
 ○モハメットファイサル・堀 恵一(宇宙科研)・東原千春・芝本秀文(細谷火工)

57.AP/HTPB系コンボジット推進薬の燃焼速度に及ぼすAP粒子内部の空隙の影響(15mln.)
 ○甲賀 誠・萩原 豊・ワッチャラポングリープアン(防衛大)

 




B 会 場
Session13.感  度(I)(9:10〜10:05)
座長 伊 達 新 吾
58.高エネルギー物質の極低温ラマンスペクトル(10min.)
 ウイジャヤジェミー・叶 樹集・○越 光男(東大工)

59.含窒素エネルギー物質の熟安定性に関する研究(10min.)
 ○和田有司・鳴滝匡彦・阿久津好明・新井 充・田村昌三(東大工)

60.チタニウム粉の静電気感度とプローブプレート試験結果の比較(15min.)
 ○奈良崎 宏・永石俊幸(九産大・工)・黒田英司(日本工機)

61.ジルコニウム・ニッケル合金の静電気感度とプローブプレート試験結果の比較(15min.)
 ○永石俊幸・奈良崎 宏(九産大・工)・黒田英司(日本工機)

62.B/KNO3点火薬の低エネルギー静電気発火(15min)
 ○黒田英司(日本工機)・永石俊幸(九産大・工)

 

Session14.感  度(II)(10:10〜11:10)
座長 新 井   充
63.BAM摩擦感度試験機の検討(15min.)
 ○丁 大玉・鹿住 孝・黒田英司(日本工機)

64.衝撃圧力直接測定によるギャップテストのリキャリブレーション(15min.)
 ○森 繁樹・三宅淳巳・小川輝繋(横国大・工)・新井裕之(科警研)
 緒方雄二(産業技術総研)

65.ARCによるSADTの予測(II)(15min.)
 ○讃岐文夫・金子良昭(カヤテック・厚狭)・枩澤俊雄(日化・火研)

66.ANFO系爆薬の安全性評価(15min.)
 ○杉原秀明・枩澤俊雄(日化・火研)・橋爪 清(日化・火薬)
 緒方雄二・瀬戸政宏・青木一男(産業技術総研)

 

Session15.爆発・衝撃・加工(IV)(11:15〜12:15)
座長 伊 東   繋
67.レーザー衝撃波によるエネルギー物質の衝撃圧縮(15min.)
 ○長谷川陽一・和田有司・新井 充・田村昌三(東大工)
 岡田 賢・松村知治・中山良男・吉田正典(産業技術総研)

68.レーザー衝撃波によるエネルギー物質のラマン分光測定(15min.)
 ○西田 哲・越 光男(東大工)
 岡田 賢・松村知治・中山良男・吉田正典(産業技術総研)

69.高性能爆薬の反応領域計算手法の検討(15min.)
 ○久保田士郎・島田英樹・松井紀久男・永山邦仁(九州大学)

70.重水素化ポリエチレンのHugoniot(15min.)
 ○吉田正典・岡田 賢・高橋栄一・大和田野芳郎(産業技術総研)
 高松喜久雄・田中和夫・尾崎典雄・藤田和大・小野貴俊(大阪大・工)

 




A 会 場
Session16.オーガナイズド・セッション(13:10〜15:10)
71.「火薬学会の未来と周辺領域」
座長 越   光 男

題目と講演者
 1.卓上型レーザ衝撃法と時間分解ラマン分光法の分子ダイナミックスへの応用
  近藤建一・若林邦彦・中村一隆(東京工業大学応用セラミックス研究所)

 2.超音速飛行物体周りの斜めデトネーション
  松尾亜紀子(慶応大学・工学部)

 3.将来のプロペラント
  丸泉春樹(IHIエアロスベース)

 4.爆発衝撃現象の数値シミュレーション
  吉田正典(産業技術総合研究所)

 

Session17.火薬学会受賞講演(15:20〜15:50)
座長 中 村 英 嗣

技術賞
72.発破における高速度現象のビジュアル化とコンピューター解析
 緒方雄二(産業技術総合研究所)

奨励賞
73.モルタルのウゴニオに関する研究
  石口昌道(横浜国立大学工学部)

 

Session18.特別講演(II)(16:00〜16:50)
座長 早 川 経 敏
74.「航空宇宙分野における二・三の話題」
 戸 田   勧(航空宇宙技術研究所 理事長)




会 場

中央大学駿河台記念館

地図

<最寄り駅>
●JR「お茶の水駅」徒歩3分 ●千代田線「新お茶の水駅」B1・B3徒歩3分
●丸の内線「お茶の水駅」徒歩6分 ●都営新宿線「小川町駅」B5徒歩5分




懇親会  会場

東京・お茶の水  ホテル 聚楽(ジュラク)

交通案内(聚楽ホームページ)


© Copyright 1999-2017 Japan Explosives Society. All right reserved.

[HOME][研究発表会]